従来のバストアップ方法に欠けている、極めて重大な視点

こんにちは。埼玉県の川越市にある不動産会社でOLをやっている神山(仮名)と申します。
このたびはウェブサイト『Peach』にお越しいただき、ありがとうございます。
最初に私がこのサイトを立ち上げようと思った理由を、ちょっとだけ語らせてください。

私は、英語が得意です。

「何の話をするんだ?」

と疑問に思われた方、ちょっとだけ聞いてください。
英語ができるようになると勉強法について英語学習の初心者に聞かれます。

「多読っていいのかな?」
「やっぱりネイティブの講師がいいの?」

など、いろいろです。私はその質問を受けるたび途方に暮れてしまいます。
答えが分からないからではありません。全ての質問の答えがYesでもありNoでもあるからです。

世の中にはいろいろな英語の勉強法があります。結論からいえば多読も、
ネイティブ英会話講師も、日本人英会話講師も、英文日記も、英字新聞も、語源で学ぶ英単語も、
どれも素晴らしい教材であり英語学習ツールといえます。

しかし、なぜ自分には効果が出ないのか、その理由は簡単で、やるタイミングを間違っているからです。
私はこのタイミングの重要性を英語学習で学びました。

バストアップの世界で多くの女性が見過ごしている、年代別のバストアップ法

私も33歳になり、いろいろなバストアップ法にチャレンジしてきました。
キャベツも鶏肉も豆乳もサプリメントも積極的に口に入れましたし、
マッサージも筋力トレーニングもやりました。

ブラジャーもいろいろと買い替えています。
さすがにヒアルロン酸注射などは行なっていませんが、一通りのバストアップ方法には投資をしてきました。
その総額は控え目な軽自動車を新車で購入できるくらいになると思います。
それでもしばらくバストはAとBの間を行ったり来たりしていました。正直ずっとコンプレックスでした。
行為の最中に胸を触られる瞬間が本当に恥ずかしくて、

暗い中でしか裸になる勇気が持てませんでした。
その気持ちは年齢とともに小さくなっていきましたが、
胸の小ささに慣れただけで、受け入れられたわけではありません。

バストアップについても勉強を重ねました。医学的な分野にまで研究を広げて、
リンパ管とリンパ節の仕組み、乳腺小葉、血管の役割、女性ホルモンなどいろいろな関連分野も調べました。
すると2つの事実を発見します。1つはどのバストアップ方法にもきちんと根拠があったのだという発見と、
もう1つは全てのバストアップはタイミングを間違えば何の意味もないという発見です。

特に、いつ、どのバストアップ方法を行なうか

という視点は多くの女性に欠けているのではと思いました。当然、10代の女の子と40代の女性、
乳腺の発達を促すエストロゲンの量も違いますし、乳房の中にある乳腺小葉と脂肪のバランスも違っています。
そういった背景を無視して同じバストアップ方法を採用しても効果が出るわけありません。

その結果、いろいろと試したけど効果が出ないとなり、バストアップ難民になってしまいます。
非常に残念な話です。そこでこのサイトでは、年代別という視点を取り込んだ上での理想的なバストアップ術を紹介したいと思います。
今までいろいろ試したけれど、全く効果が無かったというあなた、
年代別バストアップという視点を取り入れて最低でも1カップアップを目指しましょう。