こんな補正下着を選びましょう

30代、40代でも締め付けの厳しくない補正下着を

補正下着で胸周辺の脂肪を集めて胸に定着させれば、
バストのボリュームは上がります。ただし、完全に内容が脂肪なので、
非常に下がりやすいバストになっています。
やはり乳腺があって初めてしっかりとした
上向きのバストが生まれます。その乳腺は、40代でも十分に
維持、向上が狙えるのです。

乳腺を育てるためには卵巣から女性ホルモンを分泌させなければいけません。
30代、40代はその分泌量が減るので、食事や生活改善、
さらにはサプリメントで補ってあげなければいけません。

また、サプリメントで女性ホルモンの分泌を促すだけでは足りません。
その女性ホルモンを血液に乗せて乳房の乳腺まで運ばなければならないのです。
そのためにはバスト周りの血行を改善する必要があります。
その際に重要なトリートメントがバストマッサージになります。

30代、40代の女性がバストをアップさせるためには、やはり20代と同じく
栄養補給をしてマッサージを丁寧に行なわなければいけないのです。
しかし目先の結果に目を奪われて、補正下着でがちがちに体を締め付けてしまったら、
女性ホルモンが乳腺に届きにくくなってしまいます。

確かに胸周りの脂肪を集められるかもしれませんが、
乳腺の促進は滞ってしまうのです。

補正下着はセパレートタイプ、気軽に着脱できるタイプなどと

補正下着を選ぶ際は、締め付けの厳しくないタイプを選んでください。
重ねていいますが、補正下着はあくまでも補助的なバストアップツールで、
メインのバストアップツールではないのです。根本的な解決となる下着ではありません。

もちろん、補正下着を使うなといっているわけではありません。
むしろ30代、40代の皆さんは使った方がいいです。それでも丁寧なバストアップマッサージ、
生活の改善、サプリメントなどを通じてしっかりとバストアップを行った上で、
さらなる効果を求めて補正下着を着用するべきだと申し上げています。

補正下着だけに頼って効果を求めようとすると、
どうしても締め付けの強いタイプを選んでしまいます。
締め付けの強いタイプは胸周りの血行をかなり圧迫してしまいます。
基本は着用していて苦しくないタイプを選んでください。

具体的には着心地が楽そうなタイプ、セパレートのタイプや
ホックなどが少なく身に付けやすいタイプなどを選びましょう。
もちろん当サイトの掲示板で情報を交換してくださっても構いません。
管理人としては嬉しい限りです。

またこのページの下段には、私なりに着心地の良さを意識した補正下着も
リストアップをしておきました。
バストアップマッサージ、サプリメント補給などのトリートメントをメインで行ないながら、
補助的に補正下着を着用する、このイメージを忘れないで、
皆さんにぴったりの補正下着を見付けてください。

最後に補足しますが、10代はもちろん20代までは補正下着を
着用しない方がいいと思います。せっかく乳腺が発達しようと体がしているのに、
その流れを阻害する恐れがあります。補正下着はすぐに結果がでるので頼りたくなりますが、
日常的に10代、20代の女性は使用しない方がいいと思います。

もちろん勝負の日に1日身に付けるなどは全く問題ありませんが、
補正下着を着けた後はバストマッサージを入念に行ない、

滞った血行の流れを良くしておいてください。