30代、40代のバストアップ方法

30代前半のバストアップは「マッサージ」+「サプリメント」30代の後半は「マッサージ」+「サプリメント」+「補正下着」

では30代のバストアップはどうすればいいのでしょうか?
まず30代の身体的な特徴として、乳腺を大きくするための女性ホルモン、
エストロゲンの分泌量が下降し始めます。

30代前半で徐々に減少を始め、後半ではかなりの減少量になります。
そこで30代のバストアップは、まずその減少する女性ホルモンの分泌量を維持、
向上させる必要があります。女性ホルモンの分泌量はいろいろな方法で維持、向上が可能です。
食事や運動、睡眠、入浴など工夫でも改善は可能です。

ただし、30代は仕事や家事、子育てで最も忙しい時期でもあります。
どうしても食習慣の改善などが行なえないようならば、サプリメントを積極的に
補充してあげる必要があります。また、エストロゲンは血液に乗って卵巣から乳房に届くので、
血行の促進は欠かせません。おっぱいに大量の血液が流れ込み、さらにその老廃物を
リンパが運び出してくれるように、
入念なマッサージは30代でも絶対に欠かせません。

30代のバストアップポイント
減退する女性ホルモンを補い、マッサージでホルモンを乳房に届ける

ちなみに、30代で女性の乳房に関する変化は女性ホルモンの量だけではありません。
おっぱいのボリュームを作る乳腺が30代の後半から徐々に減退していってしまいます。

乳腺とはおっぱいの中にあるブロッコリーのような形をした組織で、
その組織が乳房のボリュームを決めます。その乳腺を守るためにたっぷりと脂肪が付着している
という話も別のページでしました。
しかしこの乳腺は、30代の後半から減少していきます。
乳房の中にある脂肪の量が増えて、その脂肪を支える乳腺が減退していくので、
自然と乳房も下がってきます。

この時期になって初めて、補正下着を着けると効果が出るのです。
胸の内容がどんどん脂肪中心になっているので、背中や脇から持ってきた
脂肪が胸の位置にとどまりやすくなるからです。

40代のバストアップは「マッサージ」+「補正下着」+「健康な生活」

40代になるといよいよ女性ホルモンの分泌量も減少し、おっぱいのボリュームを
決定付ける乳腺の量も減少していきます。その代わり乳房の内容が脂肪中心になるので、
補正下着がかなり効果的になってきます。年齢が高くなると体に脂肪も付きやすくなります。
そのハンデキャップを逆手に取って、補正下着で胸周辺の脂肪を寄せて集めて

定着化してしまえばいいのです。

40代のバストアップポイント
40代こそ補正下着が効果を見せる

バストマッサージで乳房の形を上手に作る必要もあります。
脂肪がおっぱいの中心になるので、即効でバストアップも可能になります。
また、マッサージで乳房周辺の血行を良くしリンパの流れを改善すれば、
少なくなったエストロゲンも乳腺に届きやすくなります。
乳腺の減退が遅らせられる可能性もあるので、積極的にバストマッサージを行なってください。

ただし、40代の乳房は脂肪が多いため、下手にマッサージをするとエステの
ハンドトリートメントと同じ効果で胸がやせてしまいます。
上手なマッサージ方法を改めて勉強しなおす必要もあります。