30代、40代の補正下着の注意点

30代、40代の補正下着の注意点は?

30代、40代の女性は乳腺の量が減少し、
その一方で乳房の中を占める脂肪が増えていくという説明を繰り返し致しました。
30代後半、40代になると乳腺が減少するので、脂肪が多くなった分だけ
自然にバストも下がりやすくなります。

この下がったバストに効果的なツールが補正下着です。補正下着は脇や背中、
お腹の脂肪を寄せて集めて、バストの位置に定着させるための下着です。
補正下着を着ければその分だけ胸の位置のボリュームが増すので、
バストップにもつながります。

最も手っ取り早いバストアップ方法の1つなので、30代、40代の女性は
必ず取り入れたいツールなのですが、もちろん補正下着にも注意点もあるので、
しっかりと学んでおく必要があります。

補正下着は、あくまでも補助的なツールと肝に銘じる

補正下着に関して見過ごされている点があります。補正下着は
バストアップの主役にはなりません。補正下着はあくまでも補助的な役割を果たすに過ぎません。
補正下着を着用するだけでバストアップ対策はばっちりという考え方が最も危険です。

危険といういい方はちょっと誤解があるかもしれませんが、
補正下着をバストアップの中心に考えてしまうと、どうしても補正下着に
大きな効果を求めてしまいます。大きな効果を求めると、締め付けの強い補正下着を
選んでしまいます。締め付けの強い補正下着を着けると今度は、

バストにデメリットすらもたらしかねないのです。

締め付けの強い補正下着は、血行を阻害する

締め付けの強い補正下着を装着した経験はありますか?
本当に苦しいですよね?
締め付けがつらいと着脱も大変ですし、夏になると蒸れてしまいます。
奇麗なおっぱいのためならと頑張れるのかもしれませんが、
実はその締め付けがバストのためになっていないとしてもまだ頑張れますか?

胸のサイズは乳腺のサイズで決まります。その乳腺は30代、40代になると減少するといっても、
全くなくなるわけではありません。きちんと健康を保てば若々しい乳腺の発達したおっぱいは維持できるのです。

そのためにはマッサージやサプリメントの補給が欠かせません。
しかしそのマッサージやサプリメントの補給を、締め付けの強い補正下着は
台無しにしてしまう恐れがあるのです。バストアップに大切な血行が阻害されてしまうからです。

断っておきますが補正下着を否定しているわけではありません。
むしろ30代、40代には必須のバストアップツールだといえます。
しかし、その補正下着をあくまで補助的なツールとして考えないと、
バストアップマッサージなどの効果が吹き飛んでしまうといいたいのです。